ダイエットブログ

2018.08.11

カラダの大掃除、ファスティング効果

ファスティングで汚れた体内を大掃除
あなたは「ファスティング」をどうイメージしていますか・・・

・短期間、なんにも食べられなくて辛そう
・なにも食べられないからフラフラしちゃう
・ゲッソリ痩せそう
・痩せるための究極方法

こんなところでしょうか・・・。

確かに
3日間ファスティングをすると個人差はありますが、2kgから多い人で8kgほど体重は減ります。
(あくまでファスティング直後です)

でも「体重を減らす方法=ファスティング」ではありません。
ファスティングはある一定期間、体内の消化作用を必要とする食べ物を一切とりません。
ポイントは「消化作用を必要とする」というところ。

消化を必要としない栄養素(酵素)や水分は、逆に摂らないといけません。
一般的にファスティングは「水しか摂取できない」とイメージされているため
身体にかかる負担が大き過ぎてたいがい失敗してしまうのです。
ファスティングを成功させるためには「水だけ」ではダメなんです。


カラダの働きは大きく分けて2つ、「消化」と「代謝」

【消化】
体内にとり入れられた食べ物を分解して利用可能な栄養素にすること。
つまり食べたものをウンチにして出すまでのさまざまな過程をいいます。

【代謝】
①カラダのさまざまなもの(脳や筋肉、皮膚や髪など)をつくる、再生する働き(細胞をキレイにする)
②体内を動かして体温を保つなどエネルギーをつかうこと(代謝を良くして太りにくいカラダにする)

つまり、代謝という働きがカラダをキレイにし、太りにくくします。

フェスティングをすることで一定期間、消化という仕事をしなくていいので
カラダは代謝という仕事だけにエネルギーを使うことができるわけです。

結果として、体内やお肌、髪などカラダの細胞がキレイになり、太りにくいカラダに近づいていきます。

そして、その期間は、エネルギーとなる栄養素のひとつ「糖質」が体内に入ってこないので
カラダに蓄積されている脂肪がつかわれ、体重が減ります。
(あくまでも個人差があります)

CHIEZAPの紹介 コンセプト ダイエットコース/料金 トレーナーの紹介
CHIEZAPを
Facebookでチェック!