ダイエットブログ

2018.08.12

生活習慣病の予防・健康維持のために、筋力トレーニングやストレッチを取り入れませんか?

生活習慣病の予防・健康維持のために、筋力トレーニングやストレッチを取り入れてはいかがでしょう。


日頃から筋力トレーニング・ストレッチを取り入れることで、以下のようなメリットを期待できます。

肩こり・腰痛などの生活習慣病の予防
現代の生活習慣病と呼ばれているのが「肩こり」や「腰痛」です。こうしたカラダの痛みは様々な原因がありますが、肉体疲労や筋力の低下によって引き起こされることがあります。日頃から筋力トレーニングを行っておけば、筋力低下による生活習慣病を予防することができます。筋力は加齢に伴って低下する傾向があるため、日頃から鍛えて生活習慣病に負けないカラダをつくりませんか?

日常生活が楽に
筋力が低下してくると、日常生活で不便を強いられることが多くなります。代表的なのが階段の上り下りですが、歩行時の転倒なども発生しやすくなるため、場合によっては思わぬ事故を招くことも考えられます。日常生活を楽にするためにも、ご自身のカラダを守るためにも、ぜひ筋力トレーニングやストレッチを取り入れてみてください。

カラダの内からエイジングケア
筋力トレーニングは肉体の老化を遅らせるだけでなく、エイジングケアとしての側面も持っています。例えば、特定の部位の筋肉を強化すると、その部位が引き締まって見えるようになりますが、これによりシワやたるみが軽減し、スッキリした見た目になります。また、筋力トレーニングを行うことで美肌のもとである「成長ホルモン」を生成できるため、女性にとっては嬉しい効果も期待ができます。

CHIEZAPの紹介 コンセプト ダイエットコース/料金 トレーナーの紹介
CHIEZAPを
Facebookでチェック!