ダイエットブログ

2018.08.12

女性の味方!!ブルガリアンスクワット

女性の強い味方、ブルガリアンスクワットについてお話したいと思います。
トレーニングはつかう筋肉を意識することがとても大切なので、まずブルガリアンスクワットでつわれる筋肉をお話します。


【ブルガリアンスクワットでつかう筋肉】
・お尻と太ももの境目をつくるハムストリング(太ももの後ろ全体)
・お尻を垂れないようにがんばっている大殿筋(お尻の筋肉)
・お尻に高さを持たせる中殿筋(お尻の上の方の筋肉)
・ポコッと出たお腹のコルセット役の腸腰筋(骨盤の奥の方にある)
・キレイな脚のカタチをつくる大腿四頭筋(太ももの前全体)
・足首を細くする腓腹筋、ヒラメ筋(ふくらはぎの筋肉)

もうお分かりですね・・・
なにを隠そうブルガリアンスクワットは「美脚」「美尻」には無くてはならないトレーニング種目です。

スクワットももちろん良いのですが、ブルガリアンスクワットでは脚をお尻の後ろまで動かさなければいけません。
それが「美脚」「美尻」になるポイント。

本来、股関節はいろいろな方向に動くようになってます。
でも脚を後ろに持っていくこと、つまり股関節を後ろ方向に屈曲させることをヒトはなかなかしません。
脚をうしろに上げたり、後ろ向きで歩くことはめったにしませんよね。
そうなると関節は動かさない方向は必要ないと勝手に判断し、いらないお肉(脂肪)をつけていきます。

あなたは、お尻の下にいらない脂肪ありませんか?
黒人さんに多いプリっとしたあのお尻とスラっとしたキレイな脚・・・
そのために、今日からがんばってみましょう!!

【ブルガリアンスクワットの方法】
①ベンチや椅子から60~90cm離れて前に立つ(よりお尻に効かせる場合はもう少し前に立つ)
②ベンチに片足のつま先をチョンとのせる(後ろ足に体重をかけないことが大切!)
③首を長くするように肩を下にさげ、左右の肩甲骨を少し寄せる(姿勢を良くするわけです)
④1、2で前方に出した足の膝をゆっくりと曲げ、腰を落とす(息を吸う)
⑤膝が90度になるまで曲げたら、1秒止める
⑥1、2で曲げた膝を伸ばし、元の姿勢に戻る
⑦反対の脚も同様におこないます

まずは10回、2~3セットからがんばってみましょう。
片足立ちなのでフラフラすると思いますが、体幹のトレーニングもできてラッキーと思ってください。
初めてやるときは椅子の背もたれや壁に両手をかけてバランスを取りながらやるのもいいと思います。慣れてきたら両手を上にあげたり、ウエイトを持っておこなうこともできます。

まずは無理せず、続けることが大切。
あなたのお尻は何日目にカタチを変えるでしょうか・・・楽しみですね。

CHIEZAPの紹介 コンセプト ダイエットコース/料金 トレーナーの紹介
CHIEZAPを
Facebookでチェック!