ダイエットブログ

2018.08.12

最強の長寿遺伝子「サーチュイン」

カラダの中には「サーチュイン」という名前の長寿遺伝子が存在します。

生まれもって長生きできる遺伝子を持っているヒトと、持っていないヒトがいるわけではなく、誰のカラダにも存在している遺伝子です。

このサーチュインを活性化させることで老化を防ぎ、寿命をのばす効果があるという研究結果があり、いろいろな説がありますが、国立遺伝学研究所などで研究が続けられているそうです。
このサーチュインは、カラダの中で重要な仕事をしているタンパク質で、活性化されると細胞内の司令塔として働きさまざまな老化要因を抑制するアンチエイジングの神様。細胞のターンオーバー(新陳代謝)を整えるので、お肌や髪だけでなく体内のさまざまなものに良い影響を与えます。
男性では、加齢によるEDや薄毛にも効果を発揮するともいわれています。

では、どうすればサーチュインを活性化させられるか・・・その方法は2つ「引き算」と「足し算」です。

 

カロリーを抑えて、ミトコンドリアを活性化

摂取カロリーを1日に必要とされるカロリー数の70%以下に制限すること。
体内に存在するミトコンドリアが弱くなると老化が進み、空腹状態にしておくとミトコンドリアは活発化し、サーチュイン遺伝子のスイッチを入れるといわれています。
ファスティングで空腹状態を維持するのは、サーチュイン遺伝子には最高の状態というわけです。

 

ポリフェノールの力を借りる

「レスベラトロール」というポリフェノールの一種を摂取する方法があります。

レスベラトロールには細胞分裂の寿命を延ばす働きがあり、新陳代謝を促進させる効果があります。
その他にも抗酸化力に優れていて健康維持に効果を発揮するともいわれています。

・ぶどうの皮、種、葉、茎
・赤ワイン
・ピーナッツの渋皮
・ザクロ
・イチゴ
・りんごの皮

このような食べ物に含まれていますので、日頃から意識してみるのもいいかもしれません。少し高めですが、サプリメントもありますので興味があったら試すのもありです。

CHIEZAPの紹介 コンセプト ダイエットコース/料金 トレーナーの紹介
CHIEZAPを
Facebookでチェック!